安全なバイナリーオプションを見つけるためのチェックポイント

バイナリーオプションを事業として運営している事業者は数多くありますが、残念ながら、その業者の全てが信用できるのかと言われればそうではありません。
というのも、こうした新しくできた事業はある程度業界が成熟するまでの間、常に悪徳業者と呼ばれるような存在が生まれてくるからです。
もちろん全ての業者がそうだというわけではありません。
バイナリーオプションを運営している事業者の中には適切な運営をしている業者も多くいますし、そうした業者を利用してバイナリーオプションによる利益を出している人も多くいます。
ですがそれと同じくらい、バイナリーオプションにおけるトラブルの原因となる業者も多いのです。
ではそうした中で安全な業者を見つけるためのチェックポイントとして押さえておきたいのは何かというと、まず最初にチェックしたいのが国内業者かどうかということです。
バイナリーオプションでは国内業者と海外業者の二種類があり、海外業者ほど好条件で利用できるようになっているケースがほとんどです。
しかし事業者が海外にいるということは、日本の法律や行政ではタッチできない部分が出てくるというのも当然です。
万が一海外業者との間でトラブルが起きてしまうと問題解決まで時間がかかったり、そもそも解決が難しいということもあり得ますから、慣れるまでは国内業者だけを利用するようにしなくてはなりません。
次に、業者の住所などについても確認が必要です。
業者が公式ページなどに記載する住所が本当に存在する住所なのか、また過去に問題を起こしたことがある事業者と合致するものではないかというようなことは重点的にチェックするべきです。
海外業者の中にはケイマン諸島やヴァージン諸島といったような地域を住所として記載していることがありますが、こうした土地は税率が安いタックス・ヘイブンの代表格であり、実態が無いペーパーカンパニーである可能性がかなり高くなりますので、危険な業者だとして考えた方が良いでしょう。
バイナリーオプションでトラブルを避けるには、事前の下調べが重要です。

 

 

海外での口座を作る代行をしてくれる業者

 

FXという商品はある国は、日本だけではありません。いわゆる海外の業者を、それを提供している事が多々あるのです。
ところで海外で口座を作るとなると、ちょっと言語に関する心配も浮上する方もいらっしゃるようです。日本の業者の場合は、もちろんホームページの記載などは日本語になっていますね。また肝心の売買をする為の取引システムも、基本的には日本語表記になっているのです。
ところが海外の業者となると、その表記が英語になっているのではないかと心配な方もいらっしゃいます。実際、海外の業者によってはちょっと翻訳が不自然な事もあります。そのような業者が見られるとなると、ちょっと口座を作るのが不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その場合は、代行業者にお任せをする方法もあります。というのも最近では海外で口座を作ろうと考えている方が増加していて、その口座を作る為の代行を行ってくれる業者もあるのですね。
もちろん代行業者ならば、スムーズに口座を作ってくれます。自力で口座を作るよりも、却ってスムーズな一面もあるでしょう。自力で口座を作るとなると数日ほどかかるかもしれません、代行業者ならばかなりスピーディーに作ってくれる事もあります。
ですので海外FXの口座を作りたいと思っていて、言語などに関する不安点などが有るならば、代行業者に任せてみるのも一法と言えます。また業者にお任せをする際に、手数料が徴収される事もありません。基本的には無料で代行をしてくれる業者が多いので、遠慮なく活用してみると良いでしょう。

 

 

中国株が安く寄り付いたのを嫌気して、豪ドル円が下げる

 

7月16日。前日の東京時間は、発表された中国指標が良かったため、豪ドル円は日足の92円のレジスタンスを突破して、92.42まで高値を更新しました。その他のクロス円も堅調でした。そして、本日の東京時間は、中国株が安く寄り付き、オセアニア通貨は上値が重くなっています。豪ドル円は、91.22、ニュージーランドドル円もともに下落。このコンビは本当に弱いです。他を見ると、米ドル円だけが前日比プラスになっています。反応していないのは米ドル円だけ。底堅いのはよくわかるよ。前日のニューヨーク時間に発表された指標がいい結果だったから。いくつもの指標が発表されたのに、好結果だから米ドル円は30PIPSばかり上値を伸ばして、高値からほとんど下がっていません。発表を受けて買っていれば利益が出ているし、ポジションを持ちこしていても余裕で利益が乗っている状態です。豪ドル円のほうも指標が良かったんだけど、米ドル円とは違うんですね。なんか、豪ドル円は中国指標は良くても中国株が下落してからいい結果を素直には信じられなくなってしまったみたい。ニュースを読むと、結果の良い中国指標に触れていて、結果は良かったけど中国情勢に不安を持っている人が多いとか。ギリシャ問題とともに大きく市場を騒がせた中国株の下落の原因は、中国人民銀行がやってきた利下げ、空売り規制の緩和が関係しています。2014年11月に利下げを行うと、市場は好感して株はどんどん上昇します。乗り遅れないように株を購入する人たちが急増し、ますます上昇していきます。それが2015年4月辺りに上昇のピークを迎えます。4月17日に空売り規制の緩和が発表されると、これから株価が下がりやすくなるとマイナスに受け止められて下落がスタートします。そして、6月の後半に入ると下落に歯止めがきかない状態になり、中国株の下落を嫌気して市場ではリスク回避の円買いが進みました。それで、中国当局は対策のために1200銘柄以上を売買停止にする対策をとることでなんとか対処して、効果はあったのですが、ここに来てまた下落が嫌気されています。米ドル円は、指標結果がいいと他に心配する問題がないので安心感から買われる。でも、豪ドル円は中国株の下落という不安要素があるから崩れやすい。
参考:バイナリーオプション取引で10万円を稼ぐまで

2015/07/14 07:01:14 |
私はFXをしていて損をしたとき当然あとに引きずってしまいますが、大きく勝って利益を手にしたときでもその印象が強く残ってしまうから毎日取引していると私の中で勝ちのハードルがどんどん上がってしまって、知らず知らずのうちになかなか利確できない習慣がついてしまいました。もちろん数ヶ月に一度くらいのラッキーパンチがそうそう起こることと思えないのは自覚しているものの、どうしても大勝ちしたときのイメージが拭えなくてホールドし続けていると為替の勢いが衰えてきてひどいときは含み損に変わることもあるのです。これはもともと私がスワップポイント目当てでFXを始めたということも多少なりとも影響していると思いますし、必然...
2015/07/14 07:00:14 |
6月24日。現在19時50分。あと10分で米MBA住宅ローン申請指数が発表されます。東京時間からの米ドル円の動きを振り返ってみます。東京株式市場がスタートする頃、123.87でした。それから、10分後には少し安値を更新して123.75になりました。これが、東京時間につけた米ドル円の最安値。123.75をつけてからは、午後14時にかけて124円を回復しています。124円を回復してからは、上値が重くなり、東京時間が終了する頃には124円を割った123.98になっています。そこからさらに下げて、15時45分ごろには123.83をつけました。123.83から再び上昇し、16時30分には124.05を付...
2015/07/14 07:00:14 |
6月23日。21時30分に発表された2つの米国の指標は、市場予想通りの結果と良くない結果が重なり合っていました。最初こそ、良くない結果に反応して、123.71まで下落するも、時間の経過とともに発表前以上の水準まで迫ってきました。最終的には、悪い方の結果は織り込んで上昇したみたいです。それからは、念願の124円を回復しました。今日の米ドル円は、東京時間からずっと強かったので、やってくれると思ってました。発表があったとき、豪ドル円のほうは10PIPS程噴き上げました。だけど、結局はもとに戻ってしまいました。22時には、また別の米国の指標が発表されます。発表前にパウエルFRB理事から利上げに関しての...
2015/06/02 12:34:02 |
FXでは、自分の売買技術を向上させる事も必要になります。1つのやり方でこだわるのではなく、色々と試行錯誤をするのが大切な一面もあるのです。例えばあるやり方で売買を行ったとして、大きな損失が発生してしまったとします。そのような時には、そのやり方を改める方が良いでしょう。少なくとも大損失が発生している以上は、やはり何か問題点があるものだからです。そしてやり方を改める為にも、まずは問題点に気が付くことが必要です。その為には、金融業者が提供してくれている売買の為のシステムを有効活用するのが良いでしょう。金融業者では、たいてい売買の履歴を見る事ができます。つまり自分が過去にどのような売買を行っているかを...
2015/06/02 12:34:02 |
FXの売買は、現在の自分の体調に左右される一面があります。その売買をする為には、多くの方はテクニカルのツールなどを用いている事が多いですね。移動平均線など色々なツールを用いて機械的な売買を行っている方も多いので、それには体調は関係ないという意見もあるかもしれません。確かにあくまでも機械的に行うならば、体調はあまり関係ありませんね。しかし実際には、体調不良が売買の成績に影響を及ぼすことはあるのです。以前に私の知人のトレーダーが、ちょっと興味深い事を言っていました。ある日知人は売買を行ったのですが、大失敗をしてしまったようなのです。というのもその日の知人は、ちょっと体調が優れなかったのですね。普段...